日常ブログ

blog

上山門

しみじみと 歴史を感じ 伊都の国

こんにちは笑顔


本日は朝雨が降っておりましたが

午後からはお天気が良くなりましたねたいよう。


本日の体操のご様子ですアップ

足を伸ばしてしっかりとストレッチ

していきますニコニコ

口腔体操を兼ねてみなさんで合唱

しました~音譜


『炭坑節』や『りんごの歌』など

懐かしい歌を歌いましたニコニコ


みなさまの美声にうっとりです得意げ


午後からはお天気も良くなり

『伊都国歴史博物館』へいきました!!

外観がとても立派です音譜


※館内撮影禁止の為文章にての紹介となります

『高祖神社の歴史と文化 -糸島平野を見つめて-

の文化財を見に行きました目

糸島有数の古社「高祖(たかす)神社」をとりまく地域の歴史、

社殿建築や高祖神楽などの文化を多様な展示品とともに紹介

【開催期間】平成26年1月21日(火曜日)~3月9日(日曜日)

   ※月曜日休館(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日に休館)

糸島市の東側、高祖山山麓に鎮座する高祖神社は、古くから糸島有数の

神社のひとつとして崇敬(すうけい)を集めてきました。中世には怡土郡(現在

の糸島市南部)を中心に活動した原田氏、近世には福岡藩黒田家の保護

を受け、また地域に根ざしながら、本殿・拝殿等の建築物(県有形文化財)

や、高祖神楽(県無形民俗文化財)など貴重な文化財を今に伝えています。

 展示では、神社に伝わる古文書・典籍類や、神楽に用いられる面や装束、

中世~近世の社殿修築の際に掲げられた棟札(むなふだ)など多様な展示品

から、神社を通して地域の歴史・文化をひもといていきます。

※糸島市ホームページより引用

https://www.city.itoshima.lg.jp/soshiki/33/hakubutsukan.html

館内には昔『伊都の国』とよばれた時代の文化財が

たくさんありました音譜


その当時の生活道具や、衣類など様々展示されておりました目

ご利用者様は展示物に釘づけです目ビックリマーク


残念ながら写真でお伝えすることはできませんでしたが…

是非皆様も『伊都国歴史博物館』へ足をお運び下さいアップ


ページの先頭へ