日常ブログ

blog

ひこばえ

鈴木町 知ると楽しい 考古学

台風が過ぎた空は真青です。清々しいのですが、気温は35℃を超えてきましたので、本日の外出も室内で選びました。「お勉強に行きましょう」との選択で小平にある鈴木遺跡資料館へ。
昭和49年、小学校建設時から発掘を始めこの辺り武蔵野台地に集落があったことや、近くを流れる石神井川に動物や人々が集まってきた足跡の数々を見せていただきました。


生活に使われていた黒曜石はどこからきたと思われますか?なんと神津島なのですって。海をどのように渡ってきたのでしょう。しばしロマンを感じる一時となりました。

太古の人々は生活の為に動物や木の実を食していたそうです。この穴は動物を捕獲する為の穴なのですって。当時の働きぶりを想像できました。

午前中はいつもの体操&下肢強化運動をされ、その後は麻雀・脳トレに分かれてお好きな事をされました。
お布団で横になられる方がいらっしゃり、スタッフがお仕度をしていますと、直ぐに飛んできてくださる方がおられました。シーツは2人で敷くととても綺麗に気持ち良く仕上げることができます。いつも本当にありがとうございます。

小金井市のデイサービス
~お散歩&日常デイ~ おとなりさん。ひこばえ
大橋 純子
介護の相談や、求人のご応募は、「お問い合わせ」よりお待ちしております。

ページの先頭へ